神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所リハビリセンター

無料電話相談
兵庫本店
長崎支店
住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日~土曜日、9時00分~18時00分
動きのコツ研究所リハビリセンター

脳梗塞リハビリ!股関節を感じるには?

動画のポイント

  1. 股関節の重要性 :股関節は座る、立つ、歩く、手を使うなどの動作において重要な役割を果たす。
  2. 体重の偏り :麻痺側に体重がかからず、良い側に偏ることで股関節がうまく機能しない。
  3. 姿勢の問題 :良い側に偏ることで姿勢が歪み、立ち上がる際や歩行時に問題が生じる。
  4. 股関節の正しい使い方 :麻痺側に体重を感じさせ、股関節を意識的に使う練習が必要。
  5. 日常的な意識 :日常生活の中で股関節を意識し、正しい使い方を継続することが重要。

動画の説明

股関節は日常のあらゆる動作において極めて重要な役割を果たしています。
座る、立つ、歩く、手を使うといった動作全てにおいて股関節が関与しているため、特に脳梗塞後のリハビリにおいてはその重要性が増します。
麻痺がある場合、体重が麻痺側にうまくかからず、良い側に偏ることが多いです。
この偏りが原因で姿勢が歪み、立ち上がる際や歩行時に問題が生じます。

麻痺側に体重をしっかりかけることで、股関節が正しく支えられ、動作が安定します。
具体的には、座っている時に良い側に体重が偏らないよう意識することや、立ち上がる際に麻痺側の股関節をしっかり使うことが重要です。
これにより、股関節の正しい使い方を身につけることができます。

日常生活の中で股関節を意識し、適切な方法で動かすことがリハビリの鍵となります。
継続的に意識して取り組むことで、自然に正しい動作ができるようになります。
股関節の使い方を見直し、意識的に正しい方法で動かすことで、リハビリの効果を高めることができます。
日々の生活の中で股関節を意識し、正しい使い方を身につけることが、長期的な改善につながるでしょう。

症状が改善した実感がある

症状が改善した実感がない