神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所リハビリセンター

無料電話相談
兵庫本店
長崎支店
住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日~土曜日、9時00分~18時00分
動きのコツ研究所リハビリセンター

【まだやってる?】テーブルで手を支える間違ったやり方 [脳梗塞リハビリ]

動画のポイント

  1. 間違った練習方法 :テーブルに手を置いて体重をかけるだけの練習では、麻痺側の手の改善は期待できない。
  2. 正しい手の支え方 :手を正しくテーブルに置き、指が伸びていなくても支え感を確認することが大切。
  3. 姿勢のチェック :練習中に体が傾いたり肩の高さが異なる場合は、正しく麻痺側の手で支えられていない。
  4. 動かして確認する :手をテーブルに置いた状態で前後に体を動かしても手が動かないことを確認する。
  5. 自分に合った練習 :無理に一つの方法にこだわらず、自分に合った練習方法を見つけることが重要。

動画の説明

この動画では、脳梗塞後の手の麻痺に対するリハビリについて説明しています。

特に、手をテーブルに支えて行う練習の間違った方法と、その改善策に焦点を当てています。

動画では、正しい姿勢や手の使い方を学び、自分に合ったリハビリ方法を見つけることの重要性が強調されています。

正しい方法で練習することで、効果的にリハビリを進めることができるとしています。

症状が改善した実感がある

症状が改善した実感がない