神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所リハビリセンター

無料電話相談
兵庫本店
長崎支店
住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日~土曜日、9時00分~18時00分
動きのコツ研究所リハビリセンター

脳梗塞リハビリ! 横歩きのポイント

動画のポイント

  1. 手すりや壁を利用した横歩きの方法 :手すりや壁を使って麻痺側の足を支える方法を解説。
  2. 体重のかけ方の重要性 :足の裏全体で体重を感じることが大切であることを強調。
  3. 腰の位置の調整 :腰を引かずに、正しい位置で支える方法について説明。
  4. 内反対策 :内反してしまう場合の対策として、体重のかけ方を意識する方法を紹介。
  5. 丁寧な動作の重要性 :動作を丁寧に区切りながら行うことで、正しい体重のかけ方や腰の位置を確認することが重要。

動画の説明

この動画では、日常生活での横歩きをスムーズに行うためのポイントを解説しています。
手すりや壁を使った横歩きの方法を具体的に説明し、麻痺側の足を効果的に使うためのコツを紹介しています。
特に、体重のかけ方や腰の位置を意識することが重要とされています。

動画の中では、正しい体重のかけ方として、足の裏全体で体重を感じることが強調されています。
麻痺側の足で支える際に、体重が後ろに偏らないようにし、腰を引かずに真ん中やつま先に体重をかけることが推奨されています。
また、内反してしまう場合の対策として、足の外側に体重がかからないように意識する方法も紹介されています。

さらに、横歩きをする際には動作を丁寧に行い、一つ一つの動作を区切って行うことで、足の裏の感覚や腰の位置を確認しながら歩くことが重要です。
このように、具体的なポイントを押さえることで、日常生活の中での横歩きがよりスムーズになります。

症状が改善した実感がある

症状が改善した実感がない