神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所リハビリセンター

無料電話相談
兵庫本店
長崎支店
住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日~土曜日、9時00分~18時00分
動きのコツ研究所リハビリセンター

【脳梗塞リハビリ】手が揺れる…そんな時のコップの持ち方

実際のリハビリでは、ご自身の実感とセラピストの所感をあわせて、次に行うべきリハビリを行います。

無料リハビリ相談では、経験豊富な理学療法士がお電話で皆様の体の症状を伺って、動きのコツで改善の可能性があるかどうかを診断します。

また、リハビリの悩み、ご不明点などのご相談も承りますので、お気軽にお申し込みください。

今なら 07月25日(木) 14時15分 から
相談できます!

動画のポイント

  1. 失調症状の説明 :手を動かす際に肩や肘、手のひらが揺れてしまう原因とその対処法について解説しています。
  2. テーブルに手を安定させる方法 :揺れを抑えるために、手をしっかりとテーブルに置く方法を示しています。
  3. コップを近づける手順 :一気にコップを持とうとせず、段階的に手を近づける方法を説明しています。
  4. 力を入れすぎない動かし方 :手を動かす際に力を入れすぎないようにするための練習方法を示しています。
  5. 段階的な練習の重要性 :手の揺れを防ぐための段階的な練習方法を強調し、具体的なステップを提供しています。

動画の説明

この動画は、脳梗塞後のリハビリにおいて手の揺れが発生する場合のコップの持ち方に関する具体的なアドバイスを提供しています。
失調症状に悩む方がコップを持つ際の手の揺れを軽減するためのステップバイステップの指導が含まれており、効果的なリハビリ方法を示しています。

手を動かそうとすると肩や肘、手のひらが揺れる場合がありますが、まずは手を安定させるためにテーブルにしっかりと置くことが大切です。

次に、コップを近づける際に手を揺らさずにゆっくりと運ぶ方法を練習します。
動画では、手を動かす際に力を入れすぎないように注意し、段階的に練習する方法を詳しく解説しています。
これにより、自宅での自主トレーニングが効果的に行えるようになります。

今なら 07月25日(木) 14時15分 から
相談できます!