神戸、大阪で脳梗塞、脳出血のリハビリなら動きのコツ研究所リハビリセンター

無料電話相談
兵庫本店
長崎支店
住所
兵庫県西宮市池田町9-7 フレンテ西館 305号
営業時間
月曜日~土曜日、9時00分~18時00分
動きのコツ研究所リハビリセンター

脳梗塞で良い方の足が頑張りすぎて痛くならないリハビリのコツ

動画のポイント

  1. 立ち上がる際のお辞儀の仕方 :お辞儀をする際に麻痺のある足にも均等に体重をかけることが重要。
  2. 太ももの裏の使い方 :良い方の太ももと同様に麻痺のある太ももの裏にも体重を乗せるように意識する。
  3. 体重移動の確認 :座っている状態からお辞儀をする際に、お尻から太ももの裏への体重移動を確認する。
  4. 左右のお尻の均等性 :お尻の左右が揃ったまま体重を移動させることで、麻痺のある足も効果的に使う。
  5. 正しい姿勢の維持 :お辞儀の際に背筋をまっすぐに保ち、ゆっくりと立ち上がることで良い方の足の負担を減らす。

動画の説明

この動画では、脳梗塞後のリハビリにおいて、良い方の足に負担をかけすぎずに立ち上がるための方法が紹介されています。

具体的な姿勢と動作が説明され、麻痺のある足をどのように使うかを示しています。

立ち上がる際のポイントとして、麻痺のある足と良い方の足の太ももの裏の使い方や、均等に体重をかけるための正しいお辞儀の仕方が強調されています。

動画では、良い方の足に頼りすぎると痛みが発生する原因とその解決法について詳しく解説されています。

麻痺のある足でも支えられるようにするための具体的な手順が示されており、この方法を実践することで、良い方の足の負担を軽減し、痛みを和らげることができます。

症状が改善した実感がある

症状が改善した実感がない